コンテンツへスキップ

猫の健康的な食べ方とは?

子猫は成長と発育に必要なカロリー、タンパク質、ビタミン、ミネラル、他の栄養素等を多く含む食べ物を食べる必要があります。ドライフードや子猫用の缶詰の餌は、高タンパクで低炭水化物のもので、信頼できるメーカーのものを選びましょう。

子猫用食品のラベルに記載されている餌やりの説明を見ましょう。子猫の体重と年齢に応じて、推奨量が分かれているはずです。該当する量を出発点としてください。最初はウェットフードとドライフードを半々くらいで与えることになるため、与えすぎを防ぐために、缶詰とドライフードの1日の量を2で割ってください。

子猫が食べるべき量は、時間の経過とともに変わり、餌を変えた場合も変化します。あなたの猫の体調を目安にしてください。もしあなたの猫がぽっちゃりしてきたら、与える量を減らしてください。痩せてきているようなら、量を増やしてください。

獣医師がよく聞かれる質問に、猫は缶詰とドライフードのどちらを食べるべきかというものがあります。ここでは、キャットフードのウェットフードとドライフードの違いについてご紹介します。

キャットフードの缶詰の利点

缶詰の食事を与える最大の利点は、水分含有量が多いことです。腎臓病、糖尿病、下部尿路疾患等、通常よりも高い水分摂取が必要な健康状態にある猫には、缶詰に含まれる水分が有効な場合があります。また、缶詰は嗜好性が高く、特に好き嫌いの多い場合、ドライフードよりも缶詰を食べる猫もいます。

キャットフードの缶詰の欠点

缶詰はドライフードよりも高いことが多いので、この点が判断材料になるかもしれません。一度開封した缶詰の賞味期限は24時間で、冷蔵庫で保管する必要があります。あなたの猫がウェットフードを完食しない場合は、冷蔵庫で適切に保管するか、廃棄する必要があります。缶詰を数時間以上放置すると、汚染の危険性があり、胃腸の不調を引き起こす可能性があります。

ドライキャットフードの利点

ドライキャットフードは缶詰よりも安価なので、予算が限られている方や野良猫に与えている方はこちらを選ぶとよいでしょう。また、ドライフードは冷蔵庫で保存する必要がなく、缶詰よりも長く置いておくことができます。猫に餌を自由に与えている方には良い選択肢ですが、その日のうちに食べきれなかった分は廃棄する必要があります。また、ドライキャットフードは自動給餌器やパズルフィーダーのおもちゃに入れることもできます。

ドライキャットフードの欠点

研究により、肥満とドライキャットフードを与えることの間に相関関係があることが明らかになっています。これは、ドライフードを食べている猫の多くが自由に食事をしており、飼い主が自分の猫が実際に1日にどれくらい食べているのか気づいていないことが原因かもしれません。また、自由食の場合、猫が食べていないことに気づきにくいので、逆の問題を引き起こすこともあります。猫が1日に食べる量は、どちらの理由からも、観察、または計測する必要があります。

また、歯の病気のある高齢の猫や、歯の一部を抜いた猫は、ドライフードを噛むのが難しくなることがあります。

もちろん、すべての猫には高品質のキャットボウルが必要です。精巧なPETOMGのウッドキャットボウルは、愛猫家の餌やりのニーズを完全に満たします。取り外し可能なセラミックボウルは滑らかでお手入れが簡単なので、時間と手間を省くことができます。15°の傾斜角度はペットの骨の健康を保護し、あなたの猫が健康で幸せに成長することを可能にします。

コメントを残す

お客様のメールアドレスは公開されません。.

カート

現在、お客様のカートに商品がありません。

ショッピングを始める

オプションを選択