コンテンツへスキップ

猫が夜あなたを寝かせてくれないのはなぜか?

時々、猫は私たちの起床と睡眠のサイクルとずれているように思えることがあります。生まれつき人間は昼行性で、昼間は起きていて、夜は寝ているものです。猫は夜行性なのではと思われるかもしれませんが、正確にはそうではありません。猫は、いわゆる薄明薄暮性です。薄明薄暮性の動物は夕方から朝方にかけて活動することが多いので、ちょうど私たちが寝静まったころに、猫は活動的になるのです。この時間帯は、猫が遊んだり、狩りをしたり、基本的な行動をするのを好む、最適な時間帯です。

野生では、獲物(ネズミ等)が目を覚まして動き始める時間帯でもあり、捕食者(あなたの猫の様に)にとっては、起きて狩りをするのに最適な時間帯なのです。飼い猫の多くは、このような行動を残しています。一般的に猫の睡眠時間は1日18時間で、平均78分の昼寝を繰り返しています。日中も夜中も寝ていて、私たちが寝ようとするときに起きて活動し、私たちが起きる少し前にまた起きてきます。確かに葛藤がありますね。

猫に夜寝てもらう方法とは?

sleep

最も簡単な方法は、猫が長く起きていられるようにすることです。夜の大半を猫が起きている状態にすることができれば、あなたがベッドに入れば、猫は十分に疲れて眠りにつくかもしれません。

レーザーポインターで点を引っ掻く、物を取ってくる、毛をすくなど、猫と一緒にゲームをすることは、意欲的な猫を疲れさせるのにとても効果的です。猫を長く起こしておくと、あなたが寝ている間に猫が「寝落ち」する可能性が高くなります。レーザーポインターを猫の目に向けないように気をつけましょう。

寝るスペースを別に設置することも効果的です。他のどのアイデアもうまくいかなかった場合は、自分の空間を用意してドアを閉める必要があるかもしれません。猫だけで夜を過ごせるような、猫用のキャットハウスを用意するのもよいでしょう。猫の性質を十分に解放する、合理的な空間設計。PETOMGの猫コンドミニアムは、猫の生活習慣に合わせて設計されており、食べる、飲む、遊ぶ、の機能が充実しているので、あなたの猫が健康で幸せに成長することができます。

コメントを残す

お客様のメールアドレスは公開されません。.

カート

現在、お客様のカートに商品がありません。

ショッピングを始める

オプションを選択