コンテンツへスキップ

熱中症予防のポイント~夏場の猫の飼育について

猫にエアコンは可能か?

-- 猫は高温に強いので、室温は28〜32℃に保ちます。

-- 通常であれば、猫が涼むためにエアコンをつける必要はありません(33度以上を除く)。

-- 猫のためにエアコンをつける場合は、毛布をかけることに気を付けてください。猫は寒いと自分で毛布の中に入ります。

猫の熱中症症状

-- 体温が41〜42℃に上昇する。

-- 息をし続ける

--鼻は赤く、乾燥し、熱くなる

--目の周りの粘液が多い

--食欲不振、嘔吐、全身の衰弱、心拍数の増加。重症の場合は、脱水症状、口から泡を吹く、粘膜が紫色になる、痙攣、昏睡などの症状が現れることがあります。

注意:これらの症状がある場合は、すぐに医療機関を受診してください!

秘訣

-- 毎回少し少なめに餌を与えることで、数回に分けて餌を与えることができる、猫は残った餌を食べる雑菌の繁殖を防ぐため、必ず捨てたり、キャットボウルを洗ったりしてください

-- いつでも飲めるように、毎日十分な量の新鮮な飲み水を用意すること。

--涼しく換気された場所に猫用トイレを置く、決して太陽の下に置かないこと

--アイスパッドを用意する、寒がりな猫はこれが大好きです!

-- 猫の爪の毛をカットして、猫が涼しくなるようにする

--蚊取り線香や虫除けスプレーに注意する。電気蚊取り器や蚊帳、ピレスロイドを含まない蚊取り線香の使用をお勧めします

小さなタブー!

-- 全身の毛を剃る猫には脱皮のサイクルがあり、毛を剃ると猫が鬱になる、毛を剃っても猫の放熱には影響しない

- 頻繁にお風呂に入る猫に過度の湿度がかかると、より高温に慣れることができません

--氷水、冷たい飲み物を飲む猫が冷たい水を飲むと軟便になり、不快に感じるようになる

--正午に猫を外に出さないこと

コメントを残す

お客様のメールアドレスは公開されません。.

カート

現在、お客様のカートに商品がありません。

ショッピングを始める

オプションを選択