コンテンツへスキップ

子猫の餌のコツ

1.日の食事回数を増やし、1回の食事量を減らし、タイミング、量、一定量の餌をあげるように気をつける

2. タイミング; 毎日決まった時間に食事を与え、良い食習慣を身につけさせる。量に関すること;食べ過ぎ、食べなさ過ぎないこと。猫は年をとるにつれて、子猫の食事量は一定期間(通常生後3〜4ヶ月)で徐々に増え、8ヶ月以上経つと安定した状態になります。

3 .一般的に、生後2ヶ月程の猫は、1日に5、6回以上の食事が必要です。生後3ヶ月の子猫は、9時、12時、18時、22時の様に、1日4回の食事が一般的です。生後3ヶ月から6ヶ月までは、1日3回餌をあげます。生後6ヶ月以降は1日2回です。

成猫の餌のコツ

1. 猫は生後12ヶ月を超えると成猫のステージに入ります。成猫の体や消化器官は基本的に成熟しており、栄養の消化吸収がよくなります。成猫はベストな健康状態を維持するために、バランスのとれた栄養が必要です。

2. 猫が7歳以上になると、特に腎臓や目等の代謝の面で、多くの健康上の問題を抱えるようになります。このような問題を解決するためには、低脂肪・低エネルギーの食事を与え、正常な体重を維持できるようにすることが大切です。また、胃腸の健康維持のために食べ物のセルロースの含有量を確保し、泌尿器や腎臓の健康維持のためにマグネシウムやリンの含有量を減らす必要があります。さらに、消化の良いものを与えるように心がけましょう。

3. 猫の体重を定期的に測定し、体重が正常な範囲にあることを確認し、獣医師や栄養士の推奨に従って食事を与えましょう。猫の体調を定期的に評価し、体調に応じて餌の量を調整しましょう。同時に、すべての猫は高品質のキャットボウルを持つべきです。絶妙なPETOMGのキャットボウルは、愛猫家の餌やりのニーズを完全に満たしています。取り外し可能なセラミックボウルは滑らかで簡単に洗浄でき、時間と労力を節約できます。15°の傾斜は、ペットの骨の健康を保護し、猫が健康で幸せに成長することを可能にします。

コメントを残す

お客様のメールアドレスは公開されません。.

カート

現在、お客様のカートに商品がありません。

ショッピングを始める

オプションを選択