コンテンツへスキップ

初心者が猫を飼育するときの5つのポイント

これから家に来る子猫のために「安全な家」を用意すること

「安全な家」は別室である必要はなく、空いたクローゼットや網戸のある寝室の一角、新しく来た子猫が遊んだり休んだりできるスペースを確保するためのキャットツリーなどでもかまいません。

猫と一緒に遊ぶことは親密度を高めることになり、あなたと猫の絆は時間とともに強くなっていくことでしょう。

猫の食習慣を知る

生後間もない頃の食習慣は、猫の生涯の健康と幸福を決定します。キャットフードの成分に関する知識は、新しい家族の一員を長生きさせるだけでなく、あなたが望む生活の質を向上させるのに役立ちます。

また、新鮮な水の供給源も、猫の健康には欠かせません。ネコは砂漠の動物の子孫ですが、ドライフードを食べる場合は特に、たっぷりの新鮮な水も欠かせません。

猫用トイレを用意する

餌や水のほかに、子猫が快適で健康に過ごすためにはトイレが欠かせません。ニオイや「箱の外」の心配がないように、トイレの掃除は念入りに行いましょう。

猫の肉球削りの必要性に配慮する

実は、猫にとって前足を削ることは、食事や睡眠と同じくらい必要なことなのです。猫の肉球は、猫にとって最も基本的な道具なのです。爪研ぎをすることで、私たち人間が爪切りをするのと同じように、古い爪を削って新しい爪が生えるようにすることができます。また、猫の爪が長すぎると猫の足の方向にゆっくりと曲がってしまうため、猫が歩くと傷つけてしまうので、猫が本能的に爪を研いでしまうという理由もあるようです。猫用スクラッチポストは、猫のために準備することができ、彼らは猫が爪を研ぐのを助けることができます。

猫のお風呂の入れ方

一般的に猫は寒さと水をとても怖がるので、お風呂に入れる前に準備をしましょう。室温、水温、入浴道具の準備を含みます。室温が適温(18〜25℃程度)であることを確認します。タオル、猫用シャンプー、大きめの桶などを用意します。水温は35〜39℃程度に管理します(猫の正常な状態は39℃程度なので注意)。猫の頭を水に沈めずに、ゆっくりと洗面器に入れます。背中から猫の体に風呂水やシャワーをかけます。

十分に注いだら、キャットシャンプーをつけて、軽くこすってください。浴剤が猫の目や口に入らないように注意しましょう。

洗浄後、毛についた余分な水分を手で軽く絞り、バスタオルで猫を包み、水分を吸収させた後、ドライヤーで乾かしますが、直接ブローはしないようにしましょう。

コメントを残す

お客様のメールアドレスは公開されません。.

カート

現在、お客様のカートに商品がありません。

ショッピングを始める

オプションを選択